投資家に嬉しい非課税制度「NISA」。FXでの対応はどうなる?

世の投資家にとって、頭が痛いのが「税金」という存在。
せっかくの利益が税金の対象となってしまう…というのは、仕方の無いこととは言え、少々残念に感じられる人もiru
ことでしょう。
そんな人達に嬉しい制度として、2014年から「少額投資非課税制度(NISA)」がスタートしました。

少額投資非課税制度とは、その名の通り投資で生まれた一定金額以下の利益が非課税となる制度です。
日本に在住する二十才以上の人であれば、最長5年間の間、指定した口座の年間利益120万円までが課税の対象外となります。
年間100万以上となればかなりの金額ですから、特に副業的に投資を行いたい人や投資を始めたばかりのビギナーにとってはかなり助かる制度と言えるでしょう。

しかしながら現在のところ、上記の「NISA」の対象となる投資は上場株式、投資信託、、ETF、REIT等、証券会社で扱われている金融商品のみに限定されています。
つまりFX(外貨為替証拠金取引)やバイナリーオプション等は上記制度の対象外となってしまっているのです。
例えばFXの場合、従来通り利益に対し20.315%の税金が課せられることになります。
取引の内容自体がNISAの対象外であるため、今のところは「この業者を使えば非課税になる!」というようなこともありません。
FXトレーダー達にとってはやや残念な現状ですね。

ただ、今後の展開については希望も持てます。
というのも前述のとおりNISAはまだスタートしたばかりの制度であり、2014年の制度開始から2016年現在までの間にも、既にかなりの制度内容の変更が行われています。
例えば年間利益の限度額は制度開始当初100万円とされていましたが、たった2年で120万円までに上がりました。
この上限額は最終的には200万程度まで上がるのではないかと予測されています。

またNISA口座の変更は元々4年に1度という規定となっていたものの、2015年以降からは1年毎に指定金融機関の変更ができるようになりました。
つまりまだまだ改正の余地のある制度で、投資家達からの意見も取り入れられており、今後の対象となる投資方法の拡大も見込めるというわけです。

現在のFXやバイナリーオプションの右肩上がりの人気を見ても、NISAの対象拡大先としてFXやバイナリーオプションが検討される可能性はまだまだあると言えます。
FXやバイナリーオプションの利益が完全非課税となる…そんな未来がやってくるかもしれませんね。
特に最大200%というペイアウト率の高さで人気の「HIGHLOW.net」等のバイナリーオプションが非課税となれば、より大きな利益が掴めることになりますから、今後に期待したいところです。

デイトレードというもの

短期間で成果を出すデイトレードというものは多くのFXトレーダーに人気のある取引スタイルですが、短期的な取引というスタイルを崩して長期化するポジションを持ってしまう人も少なくないでしょう。

その要因の一つに損失確定の先延ばしという心理が働いて、当初のポジションを建てた理由を見失ってしまい、計画性のない取引になってしまうことが考えられると思います。

こういった場合はFXで多くの経験を積んできた熟練者なら口を揃えてポジションを切ったほうが良いと言うはずです。経験者なら損失を先延ばしにしても良い結果を生むことは少ないとわかっているからです。



h79