季節要因をふまえた投資

hu88 為替の動きは決算や休日など季節の影響を受けますが、日本と海外とではその季節要因が異なります。まず、企業の決算時期ですが、日本では3月を決算とし、4月から翌年3月が会計年度となります。一方、欧米では12月を決算とし、1月から12月を会計上の1年としています。さらに、日本が半期決算であるのに対し、欧米では四半期決算を多くの企業が採用しています。そのため、日本の企業が決算に向けて為替取引をするのが年2回であるのに対し、欧米ではその機会が4回になります。

機関投資家は決算の時期が近づくと、リスク回避のためにポジションを縮小することが多く、相場も決算前にはそれまでの流れとは反対の動きがみられます。四半期決算は3月、6月、9月、12月のそれぞれ上旬から中旬にかけての磁気になります。なかでも年度末決算にあたる12月は最も重要な時期です。最近、米国では企業の積極的な海外進出がみられ、年度末になると利益を本国へと送金します。すなわち、12月になると米国の企業は利益を各国の通貨からドルに交換するわけです。そのため、ドル買いが急増し、ドル高の要因になります。相場も大きく動き、その後、各期の始まりである1月、4月、7月、10月は新しいポジション作に入ります。このように会計年度や決算の時期の違いにより、日本とFX海外とでは相場の動きが異なるわけです。

次に、休日の違いも相場に影響します。米国で最も重要な休みは11月後半の感謝祭と12月後半のクリスマスです。日本の正月休みと異なり、米国では新年を祝うのは1月1日だけで、それ以外は通常のウィークデーです。したがって、感謝祭やクリスマスの直前にはポジションは縮小する傾向にあります。とくに12月は外資系ディーラーがクリスマスの長期休暇に入るため、市場は閑散とし動きは鈍くなります。当然、多くの投資家はその前にポジションを整理しようとします。感謝祭でも同様に、11月中旬はポジションの調整がみられます。

以上のことから、1年のうちで相場に大きな動きがみられるのは、12月から2月だといえるでしょう。12月初旬までにはポジションが整理され、市場は閑散としますが、この時期にゆっくりとトレンドが形成されます。1月に入ると再び活発な取引が始まり、一気にブレイクし、その後1、2カ月に渡り、このブレイクが続きます。さらに欧州では3月末から5月初めに復活祭の休みが数日間あります。この間は、米国人も取引には消極的なので、相場は動きが鈍く静かになります。それに加えて、中国系の国々では、春節いわゆる旧正月を盛大に祝います。したがって、1月末から2月の第1週はシンガポールや香港の市場は休みに入ります。それに伴い、東京市場も静かになるわけです。

デイトレードというもの

短期間で成果を出すMeta Traderデイトレードというものは多くのFXトレーダーに人気のある取引スタイルですが、短期的な取引というスタイルを崩して長期化するポジションを持ってしまう人も少なくないでしょう。

その要因の一つに損失確定の先延ばしという心理が働いて、当初のポジションを建てた理由を見失ってしまい、計画性のない取引になってしまうことが考えられると思います。

こういった場合はFXで多くの経験を積んできた熟練者なら口を揃えてポジションを切ったほうが良いと言うはずです。経験者なら損失を先延ばしにしても良い結果を生むことは少ないとわかっているからです。



h79