ドルを知れば世界が見える!?

jh878・ドルは色んな国で使われている多様な通貨でありますが、

多くの方が「fxとは」の問いにイメージされるようにドルと言えばなんと言っても米ドルであります。

アメリカが世界最強の軍隊を持つ覇権国であるように、その通貨の米ドルも覇権的な地位にあり、それを「基軸通貨」と言います。そのため、為替市場では米ドルを中心にまわっており、他とは比べ物にならない取引量を誇ります。米ドルが動けば為替変動はとても大きな影響を受けるため、為替市場の構造はドルとそれ以外の通貨と見る人が多いのです。

アメリカの軍隊はその他の国々の軍隊を一度に相手にしても適わないと言われていますが、それは通貨の世界でも同じなのです。よって、異なる通貨AとBが連動した動きを見せる場合、これはAとBが相関関係にあるからではありません。ドルが買われてそれ以外の通貨が売られているためそうなっている、という現象がよく見られます。

・FRB= ドルの金利操作は米国の中央銀行であるFRBが担っているのですが、その中心的組織としてFOMCがあります。

政策金利のであるFFレートの誘導目標の決定や公開市場操作の実施を担っています。

FFレートは短期と長期、どちらも米国の金利体系全体に関係する指標ですが、これよりも米国債2年ものの利回りの方がドル相場との相関性が高いとされています。2年ものは中期国債の中で一番メジャーな銘柄です。ドル相場の変動要因は多数ありますが、 特に金利動向は重要なのでここに挙げた指標からよくチェックしておきましょう。

参照引用: 通貨取引.com

FFレートや中期国債利回りなどの動向は為替相場のハイローオーストラリアを予測するときには欠かせません。為替相場で戦う上で最も多くの投資家に注目される指標であります。さらに、FRBの金融政策は雇用統計と個人消費支出に強く影響されていると言われていますので、投資家たちはその発表を待つのですが、その間に通信社などから市場予想値が発表されます。

それと発表されたものが大きく外れた場合は為替相場は大きく変動し、一気に上昇トレンドが現れれば大きな儲けを得るチャンスです。しかし、これらの指標により必ずいつものパターンで動くとは限らないので過信はしないでください。どんなに素晴らしい予想でもはずれることがあるのが相場というものです。

・為替政策= ドルのレートを読むのに忘れてはいけないことは米国政府による為替政策です。

過去にはプラザ合意などの歴史的に大きな一幕が登場することがこれからもあるかもしれません。さらに通商政策の手段としても利用され、例えば大統領選挙の年ではドル安にして自動車の輸出を手助けするようなことがあります。

この影響はとても大きく、大きく為替市場の流れを変えることがあるので油断できません。ドルの短期的な動向をもとに米国の経済指標や金融政策は多大な影響を受けますが、市場の方が米国の為替政策に合わせて大きな影響を受けることもあります。

・FXとドル= ドルはその影響力からFXランキングには中心銘柄として君臨しています。

超短期売買から長期売買まで様々なトレード方法が用意されていますが、その反面スプレッドは非常に狭く、インターバンク市場と比べても差がとても少ないという特徴を持っています。

デイトレードというもの

短期間で成果を出すデイトレードというものは多くのFXトレーダーに人気のある取引スタイルですが、短期的な取引というスタイルを崩して長期化するポジションを持ってしまう人も少なくないでしょう。

その要因の一つに損失確定の先延ばしという心理が働いて、当初のポジションを建てた理由を見失ってしまい、計画性のない取引になってしまうことが考えられると思います。

こういった場合はFXで多くの経験を積んできた熟練者なら口を揃えてポジションを切ったほうが良いと言うはずです。経験者なら損失を先延ばしにしても良い結果を生むことは少ないとわかっているからです。



h79