FXのいろいろな注文の仕方について

・FXには本当に多数の注文方法があります。注文の基本となる方法は株式投資と変わることなく「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3種類ですが、それ以外にも多くの注文方法があるのです。それらを使いこなすことができれば、リスク管理面でとても有利ですし、さらに利益の確定作業も格段にやりやすくなるのです。FXの特徴の中に注文方法の多さがあるので、その特徴を理解し使うことで、勝率を着実に上げていきましょう。

では、その多彩な注文方法を具体的に見てみましょう。

・IFD注文=これはIFDoneの略語で、「イフ・ダン」と読みます。この注文方法では、基本の指値注文に追加して利喰いや損切りの注文を同時にセットで注文できるというやり方です。まあ、わかりづらいとおもいますので、きちんと説明していこうと思います。

たとえば、今のドルのレートを100円とします。もう少し安くなったなら購入しようと決断し、95円で指値注文をするとしますね。それと同時に、97円で利喰いの指値注文を行うことができるのです。実際にレートが下がって95円まで落ちれば指値注文が自動的に発動して、購入の注文が行われます。そのあと、レートが上昇へ変換したときに97円まで行けば利喰いの売却注文が自動的に発動する仕組みになっています。設定した額まで行けば自動的に売買を行ってくれるというわけです。

これと同じ要領で、購入の指値注文と同時に、損切り注文をだすということもできます。

さてここで、一息入れる意味でも初心者の方には特にお勧めしたい業者のリストをご紹介したいと思います。


hyyuまず、海外業者でありながら日本での取引を提供している歴史は長く、実績も大きいのが24オプションについて。日本で定評のある24オプションだからこそ、わかりやすい日本語対応のサポートも万全です。そのような背景から、日本人トレーダーからも多くの指示を受け人気を集めているのです。

日本国内には、バイナリーオプションを専門に提供しているhttp://www.binaryoptionjp.com/binary-options/highlowのような業者も多くありますが、日本国内では数々の厳しい規制があり、利益を上げようにも一回分の額が小さく固定されているケースがほとんどで、そこに窮屈さを感じているトレーダーも多いのです。取引の自由度を求め、種類に富んだ取引を実現したいと考えるのであれば、24オプションのように、海外業者でも日本での実績がある業者を選択した方が賢いかもしれません。

また、24オプションと聞けば60セカンドというオプションが頭に浮かぶほど、トレーダーの間では人気を博しています。予測後、利益が確定するまでの時間、その名の通り60秒ですから、このオプションが現れた当時は大きなインパクトがありました。その他にも、24オプションでは相場の状況によって、またペイアウト率によって狙いを定めた予測ができる様々な取引が取り揃えられています。60秒だけではなく、豊富なバイナリーオプションを試してみたい、安心して取引を始めたい方には、24オプションはピッタリです。


khoi88そして、アイフォレックスはご存知でしょうか。この業者は日本向けのFXサービスを他の海外業者に先駆けていち早く参入しているため、知名度も信頼度も高いです。そのため、FX取引の初心者の時からベテランになる現在まで、長年使い続けているトレーダーも多くいます。

アイフォレックスではトレードの基盤として、ダウンロード型のFXネットトレーダーや、自宅PC以外のどこからでも取引可能なWEBブラウザログイン型のFXビューワーを構築していており、スマートフォンでも取引可能です。

「クイック注文」はチャート上から直接注文できる機能で、特に人気があります。また、テクニカルチャートを複数一括表示できるため、複雑なテクニカル分析が可能となります。


g7777言うまでもなく、XEMarketsは大御所な業者です。XMでは18カ国語以上のサポート体制の下月曜日から金曜日まで24時間体制でサポートデスクがお客様の質問や疑問に対応しています、世界中の色々な国や地域のお客様へのサポート体制は万全で何かあった時も不安は有りません、もちろん日本語にもしっかり対応されていて、問題が起これば日本語で応対してもらえます、海外FX業者との取引で日本人が心配に思う日本語でのコミュニケーションも問題も完全に払拭できています。

XMは全ての投資において有効な取引ツールを提供します、巨大マーケットのFX、株価指数、貴金属、エネルギーなどの商品市場まで世界有数の情報量を誇るMT4をプラットホームとして世界経済の動向を漏れなくキャッチ、お客様の投資に必要な投資戦略や経済分析のサポートに役立ちます、この様な取引ツールの充実こそがXMの魅力なのです。



hii732日本では3番手以降に位置づけられてしまうことの多いシンクフォレックスですが、海外、特にオーストラリアやヨーロッパでは非常に評価が高く、多くのトレーダーを抱えるFX業者です。

多くのトレーダーにシンクフォレックスが選ばれている理由はいろいろとありますが、中でもメタトレーダー4に対応しているということは大きいかもしれません。今やメタトレーダーは世界標準の取引プラットフォームといってよく、FX業者選びの条件にメタトレーダー4が使えることをあげるトレーダーも決して少なくありません。エキスパートアドバイザーを設定すれば、システムトレードによって、24時間取引のチャンスを逃さないことも可能。まさに次世代型のオンライントレーディングといっていいでしょう。気になるスプレッドもノーディーリングデスクながら低く保たれ、システムの強固さから、約定力にも定評があります。


ということで原題の注文方法に戻りたいと思います。
・OCO注文=これはOne Cancels the Other Orderの略語です。「オーシーオー」と呼んでください。こちらの注文方法では、2つの注文を同時にだし、もし片方の注文が成立したのであれば、もう一方を取り消しにするやり方です。たとえば、100円のポジションで持っていてこれが上昇し105円になれば、利益確定のけってを行いたい。逆に下がって95になれば損切りをしたい。そういう時に、使うのです。利喰いと損切りを同時進行で行えるのです。この場合、105円まで行けば、指値注文を受けますが同時に95円の逆指値注文が勝手に取りやめになるのです。両方を設定できるということで、安全性の高い安心感のある注文方法といえるでしょう。

・IFO注文=これは今まで説明してきたIFD注文とOCO注文の2つを組み合わせたような形になっている注文のやり方です。「アイエフオー」と呼びます。これは、両方の特徴を兼ね備えたもので、指値注文を出してそれが約定すれば同時に利食い指値中ものと損切りの逆指値注文ができるという方法になります。たとえば、ドルのレートが102円あったとします。100円になった時点で購入したいという指値注文をします。その注文と同じタイミングで、105円に上昇したら利食いの指値注文、95円まで落ちたのであれば損切りの逆指値注文ができるようになっています。この2つの注文が発動するのは、最初に出しておいた指値注文が約定してからのこと。また、指値注文が約定がきまって、さらにどちらか一つの注文が決まれば、選ばれなかった一つは、キャンセルされるでしょう。

デイトレードというもの

短期間で成果を出すデイトレードというものは多くのFXトレーダーに人気のある取引スタイルですが、短期的な取引というスタイルを崩して長期化するポジションを持ってしまう人も少なくないでしょう。

その要因の一つに損失確定の先延ばしという心理が働いて、当初のポジションを建てた理由を見失ってしまい、計画性のない取引になってしまうことが考えられると思います。

こういった場合はFXで多くの経験を積んできた熟練者なら口を揃えてポジションを切ったほうが良いと言うはずです。経験者なら損失を先延ばしにしても良い結果を生むことは少ないとわかっているからです。



h79